オリジナル文献の入手

法人版のHELPです。個人版の医中誌パーソナルWebをご利用の方はこちら

「医中誌Web」 で検索して読みたい文献が見つかったとき、その文献を閲覧・入手する手段は大きくは下記の3つです。

  • 検索結果に表示されているリンクアイコンのリンク先のサイトで電子ジャーナル等を閲覧する。
  • 図書館で原本のコピーを入手する。
  • 文献複写サービスを利用し原本のコピーを入手する。

電子ジャーナル等へのリンク

日本でも雑誌の電子化は相当進み、2022年現在の医中誌Web収録誌の約半数が電子版でも提供されています。電子化されている場合は漏れなくリンクを行う方針にて各サービスとの連携を進めた結果、収録文献のうち電子版で閲覧できる文献は 約424件、そのうち無料で閲覧できる文献は約144万件となりました。

絞り込み条件 「本文入手」 として 「本文あり」 および 「本文あり(無料)」 があり、後者を選択すれば無料で閲覧できるサービスにリンクしている情報に絞り込むことができます。(ご利用機関の管理者設定により、絞り込みの結果が異なる場合があります。)

ご利用機関の図書館システムへのリンクなど

各ご利用機関の設定により、図書館システム(OPACやリンクリゾルバ)へのリンクが表示され、所蔵を確認できたり、契約している電子ジャーナルへのリンクへの誘導が行われる場合があります。

また、同じく各ご利用機関の設定により、所蔵している雑誌の文献に 「所蔵確認」 のアイコン、あるいはご利用機関独自のアイコンが表示される場合があります。

文献複写サービスの利用

公的、ならびに商用の文献複写サービスがあります。ご利用機関の図書館などを経由して申し込める場合もありますので、ご所属の図書館などにご確認ください。

個人で利用できる代表的なサービスとしては、国立国会図書館の遠隔複写サービスがあります。当会も複写サービスをご用意しています。


参考