マッピング(Mapping・統制語への自動案内)

Mappingとは、検索窓に入力された語(以下 「検索語」)がある統制語の同義語である場合、検索語そのものによる検索に加えて、その統制語による検索も行う機能です。統制語の同義語でない場合は、検索語による全フィールドを対象にしたテキストサーチのみを行います。

例えば、カタカナで 「エイズ」 と入力した場合、下記のように検索が行われます。

  1. 「エイズ」 という文字列が、いずれかの統制語の同義語として登録されているかを探します。
  2. 「エイズ」 は、統制語である 「AIDS」 の同義語なので、「AIDS」 が索引されている文献を検索します。これがMappingです。
  3. 次に、「エイズ」 という文字列を含む文献を検索します。
  4. 検索結果として、2.と3.の和を表示します。

どのようなMappingが実際に行われたかは、検索履歴に表示される検索式で確認することができます。

「エイズ」 の検索履歴
 「エイズ」 の検索履歴
統制語フィールドを対象に 「AIDS」 で検索した結果と全フィールドを対象に 「エイズ」 で検索した結果の和(or検索)を求めたことを表しています。
Mappingの解除

検索式の 「統制語/TH」 の部分を削除して再検索することでMappingを無効にできます。


参考